浴衣の着付け教室

どうしても自分だけで浴衣の着付けをするのが難しいと感じた時には、プロに依頼するのもいいでしょう。着付け教室などに通うとマスターする事ができるかと思います。

教えてもらった浴衣の着付けは、実際に自分で何度も反復して行う事で、自然と身に付ける事ができるのではないでしょうか。

ただ浴衣の着付けをしてもらえるだけではなくて、コツなどのポイントまで教えてもらう事もできるかと思います。
本格的に楽しみたい人などにおすすめです。

最初は着崩れしたりして、いいきなり上手に着るというのは難しいかもしれませんが、何度も着ている間に、だんだん上達するかと思います。一人で完璧にゆかたを着こなす事ができればいいですね。

浴衣を同系色を意識して選ぶ

下駄や帯、もしくは籠バッグなどの小物と合わせて着る浴衣は、全体を同系色でまとめるというのもいいかもしれませんね。

彩度や明度について意識しながら浴衣やアイテムを取り揃えるといいかもしれません。

すでに手持ちの浴衣があって、それに合う小物を買う時には、その小物だけを見るのではなくて、全身をコーディネートした時にどう見えるかという事を考えたいですね。

コーディネートが苦手という人であっても、浴衣スタイルを同系色でまとめるというのは取り入れやすいのではないかと思います。浴衣や小物を買う時に自分では似合うかどうか判断できないのであれば、お店の人に意見を求めるのもいいでしょう。

個性的な浴衣ブランド

若い人の間でも浴衣を着る機会は多いなどの事から、たくさんのブランドが存在しています。

 

浴衣のブランドは、やはりそれぞれ個性があり、雰囲気などは違います。浴衣や帯などを一つのブランドで統一するのもいいですし、またいろんなブランドの物を自在に組み合わせてコーディネートするのもいいと思います。

 

浴衣を何度も買い直ししたくないという人は、ブランドなどからこだわって買うのもいいでしょう。好きなデザインや色の浴衣を買うのもいいですし、自分に似合う物の中から選ぶのもいいと思います。また、自分だけでは選びきれないと感じた時には、お店のスタッフにアドバイスをもらいながら考えるのもいいでしょう。

浴衣と洗濯の頻度について

夏は毎日の様に浴衣を着るという人もいれば、たまにしか着ないという人もいるでしょう。
浴衣の洗濯の頻度はどうすればいいのでしょうか。

たいして汚れていなければ、毎日洗濯しなくてもいい様です。しかし、浴衣が汚れているのにそのままにしていると、黄ばみが発生したりする事もありますので、定期的に浴衣を洗濯したいですね。

また、自分ではお手入れが行き届かないという人は、たまにクリーニングに浴衣を出すと、きれいな状態で仕上がりますので、来年まで着る予定がないという時には、ぜひ利用したいですね。

雨が降ったり、泥がはねたりする事もあるかと思います。浴衣が汚れているのを発見したら、すぐに対処したいですね。

浴衣の着こなしと年齢

何歳になっても、浴衣は年齢を問う事なく誰でも着る事ができます。これは若い人だけが楽しむという物でもありません。

しかし、大人になると、上品な魅力があふれる様な浴衣の着こなしにトライしてみるのもいいかもしれませんね。浴衣の柄というのは実に多様であり、和風の物や落ち着いた物であれば、大人のあなたの良さを最大限に引き出してくれるかもしれません。

若い人の様に、派手になりすぎず、本来の良さを活かした着こなしも可能でしょう。大人だからこそ、楽しめる着こなしというのもあるかと思います。

次の夏には、つい振り返ってしまいたくなる様な、美しい人にあなたもなりませんか。和服をたしなみたいですね。